Adobe Dreamweaver CCのCSS設定パネル長いよ〜

Adobe Dreamweaver CCで変わったCSS関連のパネル。

Adobe-Dreamweaver-CS6.jpg

Adobe Creative Cloud 12ヶ月版 [ダウンロードカード]Adobe Creative Cloud 3ヶ月版 [ダウンロードカード]

▼Adobe Dreamweaver CCではCS6まであった CSS スタイルパネル の名前が変わって、

CS6のCSSスタイル

▼CSS デザイナー という名前になりました。
CSS デザイナー

変わったのは名前だけではなく、使い勝手もかなり変わりました。
これまでポップアップで開いていたパネル CSSルールの定義 がなくなり、
CSS デザイナー パネルで設定できるようになりました。

▼CS6まであった CSSルール定義 パネル
CSSルールの定義パネル

ガシガシ手書きでCSSを書いている人にはあまり必要のないパネルでしたが、
これはこれで使いやすかったように思います。
CCからは無いようです。(見つけられませんでした。)

プロパティの追加は CSS スタイルパネルが便利でした。
CS6の CSSスタイル パネルは▼
CSS スタイルパネル

で、CCからの CSSデザイナー パネルは 小さいパネルですべてのプロパティが設定できるので、全部表示すると、なが〜いです。

▼CCの CSSデザイナー パネル
CSS デザイナー パネル

▼長いので目的のプロパティへはこのボタンで絞り込むことができますし、
目的のプロパティの切り替えボタン
セットを表示のチェックを押せば、定義されているプロパティのみ表示させることができます。
ここを使いこなすのがミソのようです。

まだ使い慣れていませんが、すぐに慣れるでしょう。

“Adobe Dreamweaver CCのCSS設定パネル長いよ〜” への 4 件のフィードバック

  1. 「CSSルール定義 パネル」ですが、CCでもありますよ。

    ドリウリ下の「プロパティ」パネルの箇所に「<>HTML」と「CSS」のボタンがあります。

    「CSS」ボタンを押して、「ルール編集」ボタンを押すと「CSSルール定義 パネル」が表示されます。

    しかし、CCになってCSSの編集が使いづらくなりましたね・・・。

    1. 「CSSルール定義 パネル」ありました!
      ありがとうございます。
      これはクラスの設定が済んでいるのが前提のようですね。

      「CSS デザイナー」パネルを使って
      コーディングの効率を上げることができなかったので
      結局、手書きに移行しちゃいました。

      まとめて主要なプロパティーを設定できた
      「CSSルール定義 パネル」が使いやすかったな〜。

      1. win7への乗り換えとともにccにしました。

        すごい使いづらいですよね。。。
        自分はCS2からのジャンプアップなのでかなりきついです。
        これちゃんとなれれるのか不安です。

        1. CC2014で長いパネルも大分使いやすくなりましたね〜。
          ずっと使いにくかったのでEmmetを試したら、
          CSSパネルに戻れなくなってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です